クリーニングついでに預かってもらおう!保管依頼で虫食い知らずに

洗剤

注意をする部分

ドライクリーニング

制服をクリーニングして貰う際は、なるべくシワが付かない加工をして貰うようにしましょう。シワが付かなければだらしなく見えてしまう事もありません。また期間の確認をしっかりとする事によって、必要な日に制服を使う事ができます。

Read More...

時間を有効活用できる

男性

せんたく便は家事代行サービスの一環として口コミで人気となってきています。クリーニングサービスでコンビニから洗濯物を出すことができます。面倒な干す、たたむという作業をせずに済むこともあり、独身男性だけではなく、主婦や独身女性にも人気です。

Read More...

工夫をする

Tシャツ

ビニール

クリーニング店に衣類を持っていくと、ほとんどの場合ビニール袋がかかった状態で手元に戻ってくる事が多いです。ほとんどの方が、ビニールをかけたまま自宅で保管をしている事が多いですが外して保管した方が良い場合もあります。クリーニング店がかけてくれるビニールは、ほこりがついてしまう事を防ぐ役割を持っています。ビニールをかけたままにする事によってほこりが付いてしまうのを避ける事ができますが、長期間そのままで保管しておくと気が付かないうちに臭いがついてしまったりと言う事もあります。またこの臭いは少しカビ臭かったりする事が多いので、せっかくクリーニングにだしたのに意味が無くなってしまう事になるので注意をしましょう。

ハンガーにかけておく

クリーニング店から戻ってきた衣類はすぐにビニールを外して保管するようにしましょう。すぐに使う予定がある場合は、ほこりが付いてしまわないようにそのままで問題無いでしょう。長期間使わない予定、またはいつ使うのか全く決まっていないと言う場合は、カバーから外してハンガーにかけて保管すると良いでしょう。畳んでも良いですが、長期間畳んだままになってしまうと、シワが付いてしまうので再度クリーニングに出さなくてはならない事もあります。またハンガーにかける場合も注意をしなくてはなりません。肩の部分を洗濯バサミで挟むなどしてシワが付かないように保管するようにしましょう。長期間使わない場合はそれなりの工夫が必要です。

クリーニング店の活用方法

作業員

東京などの都市部においてサービス展開が拡大しているクリーニング店の便利なサービス、それが宅配クリーニングサービスです。自宅まで直接、あるいは宅急便などでの衣類の回収をして貰うことができ、仕上がった衣類を同じ様に自宅まで届けて貰うことができる、とても便利なサービスになっています。

Read More...